ホーム > リレーブログ > 【リレーブログ33】ネットとリアルの融合

【リレーブログ33】ネットとリアルの融合


インターネットが身近な存在になって、ブログやWebの連載記事から書籍化されたりするケースがありますね。

大野更紗さんという女性が、日本ではほとんど症例のない自己免疫疾患系の難病に突然発症し、その病と闘いながら生活を送っていくという体験記を綴った『困ってるひと』という本もWebから書籍化されてベストセラーになりました。
大野さんは作家の高野秀行さんにメールを送ったことがきっかけで、Webで体験記を綴る事になり、話題となって書籍として出版されました。
Twitter等での口コミで広まったのも今のネットとリアルの融合という感じで興味深いです。
今年、書籍化された続編の『シャバはつらいよ』も話題になっています。
大野さんは学業と治療のために東京在住ですが、故郷が福島県ということで『1984 フクシマに生まれて』という『3.11』などをキーワードにした本も共著で出されています。
大野さんはこのような活動がきっかけで、糸井重里さんと『ほぼ日』(糸井さんのサイト)で対談されたり、乙武洋匡さんとの対談やいろんな方と対談もされています。それらのWeb記事でも書籍化されているものがあります。

『難病』や『3.11』や『フクシマ』と聞くと「大変だなあ」とも思いますけれど、
いろんな物事と向き合う事やいろんな人に出会う事にも繋がっていることが「活き活きと生きている」という感じがして考えさせられます。

大野更紗さんのTwitterはこちらです。
https://twitter.com/wsary

私もボランティア等をしておりまして、体の不自由な方や難病のお子さんと接する機会があるのですが、
「大変だなあ」と思う事はあっても、「かわいそう」という同情や「自分は恵まれている」等の比較はとてもできないですね。
『病気』は早く治ってほしいと願っていますし、体の不自由も無い方がいいとは思いますが、それらも“個性の一つなのかもしれない”とさえ考えさせられることがあります。
それは接する人たちが「活き活きと生きている」という感じがする人たちが多いからだと思います。
なによりも一番に想う事は、家族や他の友人知人たちに対する気持ちと同様に「同じ時代や世界を生きる仲間として、時間や空間を共有して寄り添っていきたい」ということです。


動物やマンガ関係では「ペン太のこと」が最近の話題作ですね。
これは片倉真二さんという漫画家、イラストレーターの方がブログに掲載していたものが話題になって、
今は大手出版社のWebコミックとして連載されて、ついに書籍化もされました。
ネットで400万人が泣いたと言われている愛情あふれる家族の物語です。
「ペン太のこと」の物語の核心はこちらのリンクから読むことができますが、
動物好きの人や心の優しい人は絶対に泣いてしまうので、ひっそりとご覧になることをお勧めします。
http://dekuchin.web.fc2.com/penta/penta.html#OJ6j7cB.twitter_tweet_count_m

youtubeでもUPされている方がおられます。1コマ動画形式でBGM付きで見る事ができます。
http://youtu.be/Qg-vF4-nzuQ

私の家にも里親として引き受けた猫が2匹いまして、そのコたちの様子を猫ブログとして定期的に更新しています。
これは保護されていた動物保護団体と前の飼い主さんへ元気に暮らしいている様子をお伝えするために行っているのですが、似たような猫を亡くされた方などが閲覧されてコメントをくれたりTwitterでフォローしてくれていたりします。
私にも経験がありますがペットロスはとても辛くて悲しくて苦しいので、せめて少しでも気持ちを和らげてくれていただければと願っています。

↓裏庭で遊ぶウチのコたちです。

c889fa5e-s

 

リン

チンチラペルシャのシルバー

2004年7月24日生まれ、♀

リンは甘えるのが嫌いな女王様タイプです。食べて寝るの生活で肥満気味なのが悩みです。

 

 

6969158d-s
ショー

チンチラペルシャのゴールデン

2012年2月25日生まれ、♂

ショーは青春真っ只中の青年です。壁紙を引っ掻いてボロボロにしてくれるのが悩みです。

 

 

 


ネットとリアルの融合で自分自身の事で一番感動したのは、20代半ばの頃に可愛がってくれていた先輩のアートディレクターの方が、何年も経ってFacebookで私を見つけてコンタクトを取ってきてくれたことです。
私はFacebookでも自分の写真はアップしておらず、名前も漢字表記ではなくローマ字表記になっていて、記事も猫ブログの通知ぐらいなのですが、それでも「私の知っているHさんですか?」とメッセージをくれました。
よく見つけ出してくれたと思います。
改めてその先輩との関係も繋がりましたし、さらに先輩の友人知人の方々もご紹介いただいてお食事会等に呼ばれたりもしています。交友関係や世界が広がって、とてもありがたく感じています。

ネットもコミュニケーション・ツールの一つだと思いますので、大切な人たちと繋がってリアルも現実の世界もさらに充実させていきたいです。


ホーム > リレーブログ > 【リレーブログ33】ネットとリアルの融合